刑事事件での「示談」成立のメリットについて

刑事事件は対処のための基礎知識を持っておくといざというとき助かります

刑事事件などと言う言葉をしっかりと理解している方は、どれくらいいるのでしょうか。
言葉自体は知っていても、実際にそのような現場に関わらないと、正確には分からない場合もあります。
しかし、犯罪を犯すという事は、普通に生きていれば、早々、巡り合わない事ではないでしょうか。
しかし、絶対にないとも言いきれません。
私の場合、知人に弁護士が居たために、交通事故を起こしたときに適切にアドバイスがもらえました。
もし、そのような局面をむかえた場合、正しい知識がないと、結果が左右されるので、知っておいても良いかもしれません。

刑事事件になりそうな事故や事件を起こしたら、まずは弁護士に相談しよう

刑事事件とは、起訴された被告人が犯罪行為を行ったか、刑罰を科すべきか判断する手続きの事を指します。
この場合、裁判する事になるのですが、第一に弁護士の早期手配が大切です。
これにより、もし示談などの成立が可能な場合、より早く専門家の意見を聞き、行動に移す事ができます。

刑事事件を「示談」にするには成立要件がある

実際に刑事事件において示談が成立する場合は、被害者がいる場合です。
暴行、傷害、強姦、強制わいせつ、痴漢など性犯罪、窃盗、詐欺、横領などの罪の場合に適応される可能性があります。
逆に示談が成立しないのは、公務執行妨害、贈収賄、偽造などの場合は成立しません。
覚せい剤や麻薬関係も被害者がいないので、成立しません

示談を成立させるメリット


成立した場合のメリットですが、刑罰が軽くなる場合が十分にあります。
示談に関しては、最も重要な判断材料の一つになり得ます。
裁判を行う上で刑罰を科すには、総合的な判断のもと行われるのは、もちろんの事ですが、示談は大きな要因となり得るのです。
しかし成立しても、重い罪になる場合もありますので、一概には判断できません。
しかし、可能性の問題として、早急に考慮して対応するべき事象と言えます。
実際に罪を犯してしまった場合、念頭に置いて行動すれば、有利に働く場合もありますので、覚えておきましょう。